お風呂の洗面器用カウンターはいる?カウンターを付けるか迷っているあなたへ

住まい

水まわりに関わる仕事をしているSakuです。
洗面器用カウンターをつけるか迷いますよね。
洗面器用カウンターのメリット・デメリットについて考えてみました。
迷っている方の参考になれば、嬉しいです。

洗面器用カウンターをつけるメリット・デメリット

メリット

風呂椅子を使用する場合、床に洗面器を置くより使いやすい高さで使える。
シャンプーやトリートメントが置ける。
・子供が遊ぶ時にテーブルとして使える。

デメリット

カウンター下のお手入れが面倒
部屋が狭くなる。

洗面器用カウンターに対する私の考え

洗面器を使用しないのであれば、わざわざつける必要はないのかな・・と思います。

洗面器を使用せず、シャワーだけを使用するのであれば、シャンプーや石鹸だけが置けるような奥行きの小さいカウンターで良いように思います。

お部屋が狭い方へ

コンパクトな浴室の場合、洗面器用カウンターをつけることで浴室内が狭くなります。
大柄な方や介助が必要な方で、少しでも広さが欲しい場合は、思い切って洗面器用カウンターをつけない選択も検討してみましょう。
ただし、座面が高めの風呂椅子を使用する場合、床に置いた洗面器でタオルを洗う動作がしづらくなります。
洗面器の使い勝手を優先するのか、広さを優先するのか、メリットとデメリットをふまえて検討しましょう。

脱着式カウンターについて

ユニットバスメーカーの中には、カウンターが脱着できるユニットバスを販売しているところがあります。
付けるか迷っていて決められない方は、柔軟性のある脱着式を検討してみてはいかがでしょうか。
写真はリクシルの商品です。
カウンターが嫌になったら外して使えるのはとても便利です。
外し方にコツがいるので、入る人の好みに応じて毎回脱着するのは現実的ではないですが、外して洗えるのは有難いですよね。

ちなみに、カウンターは下の写真のように収納出来ます。
こちらの商品は戸建て用になります。マンション用は違うデザインになります。

⇧カウンターを外すとこんな感じです。

最後に

同居家族がいる場合、お風呂の使い方は人によって違います。
家族内でもシャワーだけの方もいれば、洗面器を使用する方もいます。
意外と家族の入浴方法はお互い知らないものです。
自分の意見だけでなく、家族と相談してつけるか決めることをお勧めします。

素敵なお風呂になることを祈っています。


タイトルとURLをコピーしました