ペーパーホルダーは2連いる?

住まい

水まわりに関わる仕事をして、約15年のSakuと申します。

ペーパーホルダーの仕様を決めるときに、

「2連いる?」

とお客様の夫婦間でよくこの話題になります。

本日は、ペーパーホルダーの2連タイプのメリット、デメリットについて書きたいと思います。

2連ペーパーホルダーのメリット

・棚に物が置ける。
2連タイプは、棚付きのデザインが多いです。
1連に比べ、2連の方が棚が広く、物が置きやすいです。

女の子がいるご家庭ですと、サニタリー用品が置けるので便利です。
コンパクトな芳香剤を置くこともできます。

・2連あるとひとつめのトイレットペーパーがなくなっても、ふたつ目を使えば良いので、慌てて補充する必要がなくなります

小さいお子様がいる家庭ですと、「トイレットペーパーがなくなった!」と呼ばれることありませんか?
我家は賃貸で、1連タイプのペーパーホルダーを使っているので、時々娘に呼ばれます。
家事をしている時に、作業が中断してしまうので、2連あればな・・と思うことがしばしばあります。

・手摺として使える荷重がかけられるタイプが販売されており、2連だと手をつくスペースが広いです。
小さいお子様が、棚を支えにして、便器によじ登れるので便利です。

高齢者の立ち座り時にも便利です。1連で荷重がかけられるタイプも販売されていますが、2連の方がカウンターが広く、安心して手をつけます。

2連ペーパーホルダーのデメリット

・ペーパーが2個付いているので、安心してしまい、結局2つほぼ同時に紙切れすることがある。

・設置に2連分のスペースが必要。

ペーパーホルダーの注意点

陶器製のペーパーホルダーについて

陶器製のペーパーホルダーは、便器とカラーが合わせられることや、お手入れが楽なことがメリットですが、陶器部分に物を落とすと割れるリスクがあります
冬場は手を置くと冷たいですし、個人的に陶器製はお勧めしません。

取り付ける場所に下地が必要

基本的に取り付ける部分に下地が必要になります。しっかりしたところに付けないと、ぐらついたり、外れる可能性が高いです。
危険ですので、必ず下地を入れてもらうようにしましょう。

まとめ

2連のデメリットを考えてみましたが、あまり思い浮かびませんでした。

2連と1連どちらがお勧めですか?
と聞かれると機能面では、断然2連がお勧めです。

2連のペーパーホルダーで好みのデザインがなく、1連を購入する場合は、座った状態で取り出しが出来る位置に、トイレットペーパーを2,3個収納できるようにしておくと便利です♪

お子様やご高齢の方と同居されている場合は、荷重がかけられる2連タイプがお勧めです。
2連の棚付きでも、手すりとして使えないタイプも販売されているので、購入時に確認しましょう。

2連タイプを使用する場合は、「右側から使う!」や「左側から使う!」など、家族間でルールを設定すると2連同時に紙が切れることは防げそうですね♪

タイトルとURLをコピーしました